趣味

2020年9月18日 (金)

慈恩寺上の寺

Dscf6712 Dscf6713 Dscf6714 Dscf6718
~慈恩寺の古代・中世が見える遺跡~
☆史跡慈恩寺旧境内➽現代まで寺院、坊が存続
☆上の寺遺跡
・近世初頭には廃絶➽近世以前の遺構がよく残る
・大規模な発掘調査
☆古代
・少量の土師器・須恵器の出土
・古代の様相は不明確
☆中世
・中世前半(13~14世紀)には箕輪道・平場群が成立
・伝聞持院跡周辺に石塔が立ち並ぶ景観→中世末に廃絶
・大型柱穴列→塔の足場穴か
・「威信財」や茶道具が出土→平場ごとの機能差
・M地区の井戸・石敷き道路、遺物の出土状況
→中世末からの近世初頭にかけての寺院再編の動きが明らかに
Dscf6715 Dscf6719

2019年9月22日 (日)

楯山(やまがた百名山)

バラ園では東北一の規模を誇る東沢バラ公園に隣接し、標高も低く駐車場もあり、幼児からお年寄りまで誰でも気軽に登れる里山です。永らくその姿を隠していた国蝶オオムラサキも数年前から再びその優美な姿を現し、夏には観察会が行われます。 7月に鷹返し山が見える展望台コースから登った頂上が楯山だと思っていたら、そこは東楯山の頂上で、楯山には、中楯山と西楯山が有る事をその時知りました。今回はリベンジとして、東楯山→中楯山→西楯山と縦走して来ました。体力度1 難易度A 標高210m 所在地:村山市
Dscf6388s Dscf6382s Dscf6383s Dscf6385s Dscf6392s Dscf6400s Dscf6401s Dscf6402s Dscf6407s Dscf6403s Dscf6406s Dscf6405s Dscf6408s Dscf6412s Dscf6389s Dscf6415s

 

2019年7月23日 (火)

鷹返山(村山虚空蔵院 奥の院 360m)

数年前の山渓の週末の山歩きに、東沢バラ園を取り囲む山と言う事で紹介されていた公園の東側の鷹返(たかがえし)山を歩いて来ました。4月に鐘楼まで歩きましたが、今日は鷹返山の山頂に安置されている村山虚空蔵院 奥の院に参拝し、石の賽銭箱に、御礼と感謝の気持ちを込めて、お賽銭を納めてまいりました。( ^ω^ )
山百合の花が可憐に咲いていて、本当に素敵でした。👀

Dsc_0453sDsc_0454sDsc_0452sDsc_0451s   Dscf6276sDscf6275s Dscf6274sDscf6273s Dscf6272sDscf6271s

2019年7月 9日 (火)

大高根山(やまがた百名山)

村山市と大石田町にまたがる山で、大石田町から眺めた場合、最上川の対岸に4つ並んだ頂のうち、北側の船底形の山が大高根山です。山頂からの眺めは素晴らしく、眼下には最上川と大石田の街並み、その向こうには翁山や御所山、甑岳などを眺める事が出来ました。
古道杉林コース~新道山の神コース周回➽ 体力度1 難易度A 標高543m 所在地:村山市・大石田町🚩
帰りは、手打 大石田そば「きよ」で、腹ごしらえ😃大変美味しかったです。車窓から遠くに御堂森、大平山を眺める事が出来ました。
Dscf6364sDscf6334sDscf6341sDscf6342sDscf6347sDscf6352sDscf6354sDscf6366sDscf6361sDscf6360s

2019年5月18日 (土)

男声合唱団 ラ・ジケローソ演奏会

と き:令和元年5月18日(土)午後2時開演
ところ:天童市民プラザ3Fホール「パルテ」
主 催:男声合唱団 ラ・ジケローソ
Dsc_0441s Dsc_0433s Dsc_0431s Dsc_0428s
プロヒール
常任指揮者 髙橋 寛(テノール)東京藝術大学卒業 羽陽学園短期大学教授 寒河江市出身
伴奏者   髙橋ひろみ 山形県立山形北高等学校音楽科卒業 尚美音楽学園卒業
ギター   月岡俊一  独学でギターを学ぶ ギター三重奏「アリオン」で演奏活動中
🚩ジケローソとは「陽気に」「楽し気に」というイタリア語です。
🐱特に感動したのは、ギター伴奏で杉本眞人の世界「吾亦紅」はとても良かったです。

2019年4月16日 (火)

北山(やまがた百名山)

村山市の西部大久保地域にある里山。2004年に荒廃していた山を大久保地区全戸参加により、約4haにわたる下刈りと、山一面にソメイヨシノやしだれ桜など600本を植樹しました。その後も整備が続き、2011年に「北山さくら公園」として再生しました。
ゆっくりのんびり散歩コース➽ 体力度1 難易度 A  標高188m  所在地:村山市🚩

Dsc_0377s Dsc_0392s Dsc_0386s Dsc_0380s
Dsc_0387s Dsc_0390s
Dsc_0389s Dsc_0391s
Dsc_0393s Dsc_0394s

2019年4月 9日 (火)

高取山(やまがた百名山)その2

土橋口➽高取山➽展望台➽一番北側の新コースを下り➽岡口➽岡コース➽高取山➽土橋口
最上三十三観音👈第14番【岡村】に御礼参り
Dsc_0354s Dsc_0351s Dsc_0352s Dsc_0353s Dsc_0355s Dsc_0348s Dsc_0350s Dsc_0349s Dsc_0364s Dsc_0363s Dsc_0361s Dsc_0362s Dsc_0356s Dsc_0336s_1

2019年3月29日 (金)

高取山 (やまがた百名山)

出羽丘陵の北端で、初心者向けの登山道路からは、月山、蔵王や朝日連峰のほか、霊地霊山を形成する岩谷十八夜観音の置かれる岩谷観音山と、村山盆地を一望することができました。土橋コース 体力度1 難易度A  標高271m 所在地⇒中山町🚩
 
Dsc_0333s Dsc_0334s Dsc_0338s Dsc_0337s Dsc_0336s Dsc_0335s

2019年3月25日 (月)

六地蔵

寒河江川と実沢川の合流地点に処刑者・キリシタンらの供養の見事な六地蔵が文政7年(1824)に造立された事実は、江戸時代を通して自律(治)的組織の存在を物語っていると言えるのではないだろうか?(現在は実沢川下流の左岸に移設されている。)寒河江市文化財保護委員 那須 恒吉 氏
Dsc_0313s_1 Dsc_0314s_2
Dsc_0317s_2 Dsc_0315s_2
Dsc_0316s_2 Dsc_0319s_2
Dsc_0318s_2 Dsc_0326s_2

2019年3月 4日 (月)

メープルサップ採取体験

親雪ツアー 森の神秘と恵み満喫
イタヤカエデに穴をあけ、樹液(メープルサップ)が少しずつしたたるのを待ち、採取したての樹液を味わいました。
真っ白な雪の上を「かんじき」を履いて歩けば、野うさぎの足跡も見つかるかも・・・
新蕎麦、鹿肉、🐗イノシシ鍋大変美味しく頂きました。

Dsc_0286s Dsc_0283s Dsc_0292s Dsc_0293s Dsc_0300s Dsc_0302s_3 Dsc_0306s Dsc_0308s Dsc_0309s Dsc_0310s Dsc_0311s Dsc_0307s Dsc_0280s_3 Dsc_0312s_3

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ