« 「いきものたちの世界」 | トップページ | お盆参り »

2017年8月11日 (金)

山の日

飯豊山麓 👺 天狗平ロッジ を訪ねて
201608030948011_5 201608030944561_5
Rimg0390s_3 Rimg0391s_2
Rimg0394s_3 Rimg0393s_2
Rimg0140s_4 Rimg0141s_7
7a14010721_6 Seoto001171_5
Rimg0395s_4 Rimg0398s_5
Rimg0152ss_3 201908030937571s
森の恵みを五感で楽しむ
森林浴のすすめ クリンスイ四季ごよみより

森の中に入ると、不思議な静けさに包まれて、ただ立っているだけでも自然と心が落ち着きます。
「森林浴」という考え方が生まれたのは約30年前ですが、近年ではその効果が科学的にも実証されてきています。森の香りの正体は、植物が出しているフィトンチッド。フィトンチッドの香りは主にテンペル類と呼ばれ、森の中で空気を吸い込むだけでも、副交感神経の働きを活発化させ、安らいだ気持ちや鎮静作用、アルファ波の増加などをもたらすとされています。
また木の香り成分の中で睡眠をとると疲労回復が早く、疲労に対する自覚症状も少ないとか。
さらに、香りだけではなく、森の中に多く発生するマイナスイオンや、目や脳にやすらぎを与える緑の色彩、風の音、鳥の鳴き声、水のせせらぎ、やわらかな日の光など、さまざま森林環境から得られる健康の相乗効果について、医療分野でも研究が進められています。
最近の研究では、ガン細胞を減少させる NK (ナチュラルキラー)細胞が増えるという結果やストレス解消効果も実験から実証されてきています。

ブナの温み。
森林セラピー基地~白い森の国 おぐに~
ブナの森 温身平(ぬくみだいら)

小国町は山形県の西南端、新潟県との県境にある。飯豊・朝日両連峰に抱かれた町域の約95%がブナやミズナラなどが生い茂る豊かな森で、全国屈指の豪雪地帯でもある。小国の森が「白い森」と呼ばれるのも、白いブナの幹と雪のイメージによるものだ。
セラピーロードは、総延長5.5km。自然の地形をそのまま生かした道で、高低差が小さいので初心者でも楽しめる。
全国有数のマタギの里でもある小国は、小玉川地区にはマタギの郷交流館があり、森林セラピーの拠点施設にもなっている。
「ブナの森 温身平」では、現役のマタギをはじめとする、温身平の自然を知り尽くした森のプロたちと歩けるのも魅力の一つ。

« 「いきものたちの世界」 | トップページ | お盆参り »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山の日:

« 「いきものたちの世界」 | トップページ | お盆参り »