« 気晴らしの池 | トップページ | 慈恩寺講演会 »

2017年6月17日 (土)

風の風景

道の駅「川のみなと長井」
Dsc_0026s Dsc_0027s
Dsc_0022s Dsc_0023s
Dsc_0025s Dsc_0024s
Dsc_0028s_3

 

最上川舟運の港まちとして
栄えた商人のまち

ここ長井は、米沢藩の物資を
舟に積み込み、最上川を下り、
酒田を通り、上方(京、大坂)へ
運ぶための始発の港でありました。
米や青苧、穀類などを運び出し、
上方からは、塩や砂糖、海産物、
古着などを運び入れる舟着場と
して活気にあふれた港でした。
舟着場には、陣屋などが建ち並び、
商人が活躍し、たくさんの商家や
蔵が建てられ今も大切に保存されており、
繁栄の面影を偲ぶことができます。

« 気晴らしの池 | トップページ | 慈恩寺講演会 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の風景:

« 気晴らしの池 | トップページ | 慈恩寺講演会 »