« たけゆきくん | トップページ | 気晴らしの池 »

2017年6月 2日 (金)

佐野原五百羅漢園

五百羅漢というのは、広義的に紀元前5〜6世紀の時、仏祖を追随した弟子のことです。仏祖の生前は口伝によって、経を広めました。死後、誤解釈や異説が生じないように、五百の弟子達が古代インドの王舎城郊にある七葉窟で集まり、口伝えであった仏祖の教えを教典に編纂した仏典編集会議に依って、最古の仏典が誕生しました。仏教信徒は仏経の誕生に貢献した五百羅漢を記念するために、五百羅漢堂を創りました。羅漢は寺院の護法神となりました。
Rimg0287s Rimg0286s
Rimg0288s Rimg0291s
Rimg0285s Rimg0292s
Rimg0290s Rimg0293s
Rimg0299s Rimg0295s Rimg0296s Rimg0300s
Rimg0294s_2Rimg0298s_2

Rimg0289s Rimg0297s
五百羅漢、その名の通り500体の石像がまつられており、
皆それぞれ違う表情をしています。
必ず探し求める人の顔があるとか・・・
お時間ある方はぜひ!

〒992-0864 山形県西置賜郡白鷹町佐野原638-2
佐野原五百羅漢園

« たけゆきくん | トップページ | 気晴らしの池 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐野原五百羅漢園:

« たけゆきくん | トップページ | 気晴らしの池 »