« あかりがうまれた場所 | トップページ | うぇるかむコンサート🎵♫ »

2016年11月26日 (土)

ふれあいコンサート

と   き:平成28年11月26日(土) 14:00 開演
ところ:河北町サハトべに花ホール
主催/河北町混声合唱団 ♫ 指揮者 鈴木 義孝 氏 🎶 ピアノ伴奏者 櫻井 いくみ 氏

♪混声合唱曲 雨ニモマケズ 詩 宮澤 賢治  作曲 鈴木 憲夫
~宮澤 賢治生誕120年によせて~

Dsc_0001s Dsc_0010s

詩のモデルとされる「斉藤宗次郎」について

斉藤宗次郎は花巻のあるお寺の出身ですが、小学校の先生になったころ内村鑑三の影響を受けクリスチャンになりました。内村鑑三はクリスチャンとして日本の近代思想史に大きな史跡を残した人です。斉藤宗次郎は内村の教えを受け学校でも子供達に非戦の思想を教えました。

当時は日露戦争のまっさい中でしたので、そのような行動は公務員として相応しくないと小学校をくびになってしまいました。そこで始めたのが牛乳配達の仕事でした。やがて新聞配達をするようにもなります。花巻中の街から街へ、家から家へ走り回って、毎日のように新聞を届けながら、宣教活動をやっていったのです。1日40kmの道を配達して歩いたと言います。十メートルいっては神に祈り、さらに十メートル歩いては感謝し、木陰や小川のほとりで祈りを捧げたというのです。

面白いことに、そのうちに宮沢賢治と知り合うようになりました。斉藤宗次郎は新聞配達の途中、子供達に会えばアメ玉をやり、病気の人があれば、そのベッドサイドまでいって慰めの言葉をかけるというありさまだったようです。まさに斉藤宗次郎こそ、西に病気の子供があれば看病してやり、東に疲れた母親がいれば代わって稲の束を背負ってやるという生活を普通にやっていた人間でした。そういう斉藤宗次郎の生活ぶりを見ていて、宮沢賢治がだんだんクリスチャンである彼の世界にひきつけられていったのでしょう。
Kokoro132_fig211_3 Kokoro132_fig71
混声合唱とピアノのための つぶてソング 詩 和合 亮一 作曲 新実 徳英
あなたはどこに
あなたはどこにいますか。
あなたの心は風にふかれていますか。
あなたのこころは壊れていませんか。
あなたの心は行き場を失っていませんか。

命を賭けるということ。
あなたの命も私の命も、
決して奪われるためにあるのではないということ。2011年3月18日
Dscf4277s Dscf4281s
2015年1月31日、和合 亮一 氏 寒河江市立図書館での朗読会の風景

« あかりがうまれた場所 | トップページ | うぇるかむコンサート🎵♫ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれあいコンサート:

« あかりがうまれた場所 | トップページ | うぇるかむコンサート🎵♫ »