« 寒河江周辺の活断層を歩く | トップページ | ブナの森 温身平 »

2016年10月10日 (月)

六十里越街道大岫峠

   真壁 仁
峠は決定をしいるところだ。
峠には訣別のためのあかるい憂愁がながれている。
峠路をのぼりつめたものは
のしかかってくる天碧に身をさらし
やがてそれを背にする
風景はそこで綴じあっているが
ひとつうしなうことなしに
別個の風景にはいってゆけない。
大きな喪失にたえてのみ
あたらしい世界がひらける。
峠にたつとき
すぎ来しみちはなつかしく
ひらけくるみちはたのしい。
みちはこたえない。
みちはかぎりなくさそうばかりだ。
峠のうえの空はあこがれのようにあまい。
たとえ行手がきまっていても
ひとはそこで
ひとつの世界にわかれねばなちなぬ。
そのおもいをうずめるため
たびびとはゆっくり小便をしたり
摘みくさをしたり
たばこをくゆらしたりして
見えるかぎりの風景を眼におさめる。
Dsc_0012s Dsc_0009s Dsc_0008s_3 Dsc_0013s_4 Dsc_0010s_3 Dsc_0014s_3 Dsc_0015s_3 Dsc_0016s_3 Dsc_0018s_2 Dsc_0007s_2

« 寒河江周辺の活断層を歩く | トップページ | ブナの森 温身平 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六十里越街道大岫峠:

« 寒河江周辺の活断層を歩く | トップページ | ブナの森 温身平 »