« クミコ Live in 安国寺 | トップページ | 黒沢峠トレッキング »

2014年9月 9日 (火)

屋久島の旅

8月29日(金)
仙台空港
805伊丹空港向け出発、伊丹空港1005鹿児島空港向け出発、鹿児島高速船ターミナル13:20

屋久島・宮之浦港向け出発。港到着時に田代別館の送迎バスで1530宿到着。
8
30日(土)
3時に宿のモーニングコールで起床。登山準備に入る。玄関ロビー集合し、4時マイクロバスで出発。
早いこともあり、車窓からは何も見えない真っ暗な中、5
20分淀川登山口に到着。
全員が身支度を整え、頭にはヘッドランプを着用し、
540分登山開始。1時間程度で淀川小屋到着、大休憩。
思ったほど登山している人と擦れ違わない。小屋前の、山では珍しいトラス橋を渡り、登りの登山道になる。
このころから雨となり、雨具着用しての歩き。アップ、ダウンを繰り返し、心地よい空間の花之江河に到着。
この場所は小さな湿原となっており、品のいい日本庭園だ。このころから雨脚が除々に強まった。
1600m付近になると、次第に雨脚が強くなり遠く聞こえた雷が頭上に近づき大きな音、振動、稲妻の連続だ。
危険を感じた為、登山道の安全な広い箇所にうずくまり、雷が収まるのを待つ。
20分程たっても収まる気配がない事から、CLの判断で引き返す事になった。
このころ登山道は、一部小川のように増水し、気象の変化の早さを痛感した。
ここは屋久島、雨が多い事から杉の生長がある事を実感し引き返す事になった。
2時間ほどで淀川小屋到着、このころになると、雨も小振りとなり、周囲は次第に明るさを取り戻した。
基点の淀川登山口14
50分到着、到着後全員で写真に納まり、今回無事下山できたことに感謝した。
雨で宮之浦岳山頂を見る事が出来なかったが、その代わり貴重な体験をすることができた。
15
20分に送迎のマイクロバスが程なく到着、早速、乗り込み移動。紀元杉、屋久島鹿、屋久島サルを見る。
愛子岳など周囲
100kmの島なのに、標高の高い山が連なっている。種子島が霞んで見えた。
高い標高から南国の蒸し暑さがなく、心地よくさわやかだ。南国の島の不思議な体験だ。

8月31日(日)
730分落ち着いた朝食、宿10時過ぎ出発、高速船ターミナル、鹿児島、伊丹、仙台と飛行機で乗り継ぎ
夕方
620分仙台空港着、寒河江に無事到着、解散。
Oi000082s Oi000083s Oi000092s Oi000097s Oi000100s Oi000120s Oi000123s Oi000067s Oi000095s_2 Oi000043s_2 Oi000038s Oi000034s_2 Oi000026s 20140829_140710s Oi000240s Oi000332s_2 Oi000167s Oi000134s

皆さん有難うございました。ごきげんようさようなら

« クミコ Live in 安国寺 | トップページ | 黒沢峠トレッキング »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島の旅:

« クミコ Live in 安国寺 | トップページ | 黒沢峠トレッキング »