« ジェット風船を上げよう | トップページ | 置賜三十三観音巡礼の旅 »

2014年8月 5日 (火)

鬼ノ矢幹toタマガワホトトギス

鬼ノ矢幹
  無葉で黄褐色の腐生蘭。ナラタケと共生する。
 塊茎から茎を直立して高さ40~100㎝になり、先端に長さ1㎝ほどでつぼ状の花を
 穂状に20~50個つける。トチ婆の手前にひっそりと隠れているのを発見しました。
 ラン科オニノヤガラ属  オニノヤガラ和名は鬼ノ矢幹
 
0403 0402_1sjpg
タマガワホトトギス
  山地の湿気たところに生える黄色い花をつけるタマガワホトトギスです。
 ユリ科。絶滅危惧Ⅰ類
Dscf3707s Dscf3709s
「タマガワホトトギス」の花被片
Dscf3708s Dscf3712s
次々と咲く「タマガワホトトギス」.トレール内なので注意して歩こう。

« ジェット風船を上げよう | トップページ | 置賜三十三観音巡礼の旅 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼ノ矢幹toタマガワホトトギス:

« ジェット風船を上げよう | トップページ | 置賜三十三観音巡礼の旅 »