« 愛犬リッキー君 | トップページ | 吾妻山山開き »

2013年6月 3日 (月)

薬師如来御開帳

山寺の「御開帳」に行ってきました。

四季折々にさまざまな美しさを見せてくれる山寺。
春の山寺は、薄い緑色の若葉が山全体をおおい、訪れる人を優しい表情で迎えてくれます。今年、平成25年の春は、国指定重要文化財 立石寺根本中堂 御本尊薬師如来が、50年ぶりに御開帳されます。「山寺」は、正式には「宝珠山立石寺」といい、貞観2年(860年)に清和天皇の勅願によって慈覚大師・円仁が開いたと伝えられる比叡山延暦寺の別院です。

         IMG.jpg

山寺を開山した滋覚大師(円仁さん)が彫ったとされる薬師如来像を約3時間並んでようやく拝観する事が 出来ました。
山寺というと、杉木立の中に続く1,015段の石段を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。あるいは、松尾芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句でしょうか。どちらも山寺を象徴するものですが、今年は、50年に一度だけしか御開帳されない秘仏「薬師如来坐像」を拝観できる貴重な年にあたり、次回は拝観できないと思い、行って来ました。

« 愛犬リッキー君 | トップページ | 吾妻山山開き »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師如来御開帳:

« 愛犬リッキー君 | トップページ | 吾妻山山開き »